リチウムを用いた製品

リチウムを用いた実際の製品を見ていきましょう。

電池

一次電池

ボタン電池にリチウムイオン電池が使われています。 リチウム ボタン電池


二次電池

二次電池(充電して繰り返し使える電池)には、リチウムイオン電池が非常にたくさん使われるようになりました。 ノートパソコン リチウム ノートパソコン


携帯電話 リチウム 携帯電話


ビデオカメラ リチウム ビデオ


デジタルカメラ リチウム デジカメ


発火事故もありましたが、リチウムイオン電池に代わるものはなく安全性を高めながら利用範囲は広がっていくものと思われます。
安全性をクリアしてハイブリット自動車にも近い将来使われる可能性もあります。

その他

量自体は少ないながらリチウムやリチウムの化合物として様々なところに使われています。

潤滑グリース

ステアリン酸リチウムは耐水性が優れるので自動車などに使われます。
リチウム グリス


触媒

有機リチウム類は合成ゴムを製造するときの触媒の働きをします。

強化ガラスの原料

炭酸リチウムが使われることがあります。
化学強化という手法でガラス表層のナトリウム元素をリチウム元素へ交換することにより、ガラス表層の応力が圧縮になるようにして強化します。
(※ガラスは引っ張る力(張力)には弱いが、圧縮する力には強い。)

抗うつ薬品

炭酸リチウムを始めとしてクエン酸リチウム、オロチン酸リチウムなどのリチウム塩がうつ病などの補助薬として使われます。
オーストラリアの精神科医、ジョン・ケイドによって1949年に効果を見出され、デンマークの精神科医 ケイドが1954年に効果を確認して人に使われるようになりました。
リチウム 特徴