コモンメタルの概要と条件

レアメタルにたいして、これまで大量に使われてきた金属をコモンメタルと呼びます。 コモン(Common=普遍の、一般の)メタル(Metal=金属)
コモンメタルは、レアメタルとは反対の要件を満たしているものということになります。


コモンメタル条件

コモンメタルのうち、ほとんどのものが漢字で書き表せるというのも、古くから使われていた証拠です。
アルミニウムを除くと「鉄」「銅」「亜鉛(あえん)」「錫(すず)」「金」「銀」「水銀」「鉛」と書くことが出来ます。


元素の周期表はこちらをご覧ください。


コモンメタルを人類が利用していたのは、もっとも古いもので銅が6000年前から、鉄が4000年前から、コモンメタルで一番あたらしいアルミニウムで約100年前からです。


それぞれ使われ始めた時代時代の技術で精製でき、使いこなすことができたので現在基本の材料として世界中でたくさん使われています。