・ニッケルの特徴

ニッケルの特徴

ニッケルには様々な特性があり用途も幅広くなっています。 ニッケルの主な特徴を挙げると、以下の表のようになります。


レアメタル ニッケル特徴

ニッケルが使われるときには単独の金属として使われる用途は少なく、他の金属との合金や元素との化合物を形成して、ニッケルの特徴としてあげたものだけでなく、それ以外の特性を発揮して使われている例もあります。


ニッケルがもっとも多く消費されるのがニッケルの錆び難く腐食しない特性を生かしたのもです。

他の金属と合金を形成することにより、ニッケルの役割は広がり様々な環境で使うことが出来る金属が作り出されています。 その代表的なものとして、ステンレスがあります。ステンレスという言葉は、誰でも聞いたことがあると思います。

ニッケルは表面に強い酸化膜を作り、それ以上は酸素と反応しないので常温で非常に安定するのです。



ニッケルの金属そのものの使用ということでは、ニッケルめっき が上げられます。 ニッケルの加工しやすいという特徴が出ています。

ニッケルめっきは、非常に加工しやすく複雑な形状のものでも全面に均一なニッケルめっきのコーティングを施しやすいです。


処理コストも比較的安く済み、耐食性、耐摩耗性、耐薬品性をもつ金属皮膜を形成できます。ただし、ニッケルは環境によっては白っぽく変色しやすいという欠点もあります。


現在では、ニッケルめっきは最終加工する前の下地として使われる用途が多くなっています。


ニッケルに関して注意すべき点としては、ニッケル化合物の中には発癌性が認められているものがあります。